耐震住宅で末永い安心と安全を

日本は地震が多いですね。近年も大きな地震に見舞われました。また必ず大きな地震がくるとも言われています。ですから、これから千葉でマイホームを建てようとするなら、耐震住宅にするのがよいですね。千葉の地盤はしっかりと硬い所もありますし、大きな地震で液状化してしまった埋め立て地もあります。自分が住む土地の地盤をしっかり調査してもらい、弱点を補う耐震対策を考えてもらいましょう。
耐震とは、地震に耐えるということですから、当然、他の災害からの影響も少ない、ということになります。台風などの強い風にも耐えられます。耐震補強を行う工法は、壁を増やして住宅の強度を高めたり、柱や鉄鋼にカーボンファイバーで補強する事で、地震の影響を受けにくくしています。また、わざとスリットという隙間を柱と壁に作り、地震の揺れの力を分散させ、建物の破損を防ぐ工法もあります。
耐震住宅は、普通に住宅を建てるより費用がかかります。しかし長い目で見て、家族の安全や、地震にあった後の修理費の事を考えれば、いい投資だといえます。いつ来るかわからない地震に備えて、頑丈な住宅を建てて、後悔しない住宅造りをしていきましょう。

耐震住宅で地震に備えることで安心を得られます

近年、大きな地震が頻繁に起こっているので、うちの家は大丈夫かなとか、新しく家を立てる予定のある人は耐震住宅を考えるなど、大切な住まいですから真剣に考える人は多いです。一般的に耐震住宅というのは、言葉の通りで地震に耐えるという意味をさしています。
千葉県にある耐震住宅を扱っている会社でのメリットは、まずは費用の問題です。耐震以外にも免震や制震性能をとりいれたタイプなどもありますが、耐震の場合には地震の揺れに対する様々な対策の費用を安くおさえることが出来ます。更に短い期間で出来ます。地震だけに限らずに強風にも強くなりますので台風の時にも安心です。耐震住宅の場合には設置の制限がありません。なので地下室の設置も可能です。
肝心な耐震補強の仕組みとしては、壁を沢山増やすことによってまずは建物の強度を高めます。耐震に優れているとされているコンクリートの壁を増やします。それにより建物はしっかりとした強度のあるものとなります。そして鉄骨や壁をカーボンファイバーというものを使って補強をします。建物を支える上で大事な柱の部分にもカーボンファイバーでしっかりと補強をします。とても重要なポイントです。他にも柱と壁の間に「すきま」を作って地震の揺れ方を分散させてくれるスリットを入れる工法もあります。千葉方面では最近、地震が多いので住まいについて考えてみることは大事です。

New Posts

耐震住宅はどういう方法で家を守るのかを知る

耐震住宅のことならプロにお任せ 耐震住宅というと、地震の多い日本には注目度の高い住宅となっています。地震による被害でさまざまな損害を受けられた方を見ると、耐震住宅の必要性が伺えると思います。 千葉県でマイホームのお考えの方の多くが耐震住…

More...

自分は大丈夫と慢心せずに耐震住宅を意識する

耐震住宅で安心できる住まい作りを 地震大国である日本において、地震に強い家造りというのは、大きな課題ではないでしょうか。千葉県にマイホームをお考えのかたのなかにも、インテリアや間取りなどよりも、耐震を気にされるような人が多いとされています…

More...

今から対策を立てることで将来の安全を買う

耐震住宅で末永い安心と安全を 日本は地震が多いですね。近年も大きな地震に見舞われました。また必ず大きな地震がくるとも言われています。ですから、これから千葉でマイホームを建てようとするなら、耐震住宅にするのがよいですね。千葉の地盤はしっかり…

More...

耐震住宅にすることで何が変わるのか

日本に住むのなら迷わず耐震住宅を 地震大国と言われている日本ですが、近年でも多数の地震が起きており震度6という数値も目にする事が増えました。防災用具の見直しや、家具の耐震性を確認したりと多くの地震対策がテレビや雑誌などで取り上げられている…

More...

   

LIST

2018年08月27日
耐震住宅はどういう方法で家を守るのかを知るを更新。
2018年08月27日
自分は大丈夫と慢心せずに耐震住宅を意識するを更新。
2018年08月27日
今から対策を立てることで将来の安全を買うを更新。
2018年08月27日
耐震住宅にすることで何が変わるのかを更新。
トップへ戻る